誤動作撲滅!

静電気ノイズ誤動作撲滅!

アルミ箔の静電気九州・吸電力は、デジタルAV機器の救世主ですわw
デジタル回路は1と0(ON/OFF)で動作していますが、1は5V以下、0は0Vで、たったの5V以下でしかない(CPU内部は1V程度)
1と0が識別できれば、電圧はナンボでも関係ありません、だよねw 
静電気に当て嵌めると、5Vなんて無きに等しい電圧でして、高圧に鳴り易い静電気は、デジタル回路にモロ影響して、誤動作バリバリ!
デジタル回路は低電圧動作に対し、静電気ノイズは高電圧に鳴り易い上、接触していれば何処でもナンでも伝わってしまい、一旦帯電スンと電圧が中々下がらないw
誤動作が起きなければ、パフォーマンスは担保できるか家ば、NO!、、、誤動作の前に障害が発生しパフォーマンス低下が発生してしまうw
最もワガリ易い例が、CDの帯電デショw マンマ再生と濡れ雑巾で拭いて再生ではパフォーマンスが全く違う
デジタルは、静電気ノイズの脅威に絶えず晒され、知らぬ間にパフォーマンスが低下しているケースが余りにも多い!
CDディスクの帯電について書きましたが、読み取りピックアップのレーザー光線と静電気ノイズは蜜月なのご存知ですか?
ピックアップは絶えず帯電している、だから、再生前にアルコールと綿棒でピックアップレンズをクリーニングすると・・・・なのよw
デジタルは同じ、、、何度も書いて来ましたが、、、それは、帯電が無いという前提条件が憑く!

オーディオ再生は、レコードの時代から、静電気ノイズと戦って北歴史があるw

例えば、アルミホイルでターンテーブルシート作ったら・・・・








www.youtube.com

宇多田ヒカル藤圭子カバーが聴きたいw



www.youtube.com