アルミ箔と銅箔は如何違うの?

アルミ箔銅箔 は如何違うの?   だよなw
                             
アルミ箔・銅箔共に、静電気ノイズを九州するとしてだ、、、静電気ノイズの違い、つまり、効果の違いはあるのか?
静電気ノイズには種類がある、そんな前提ですが、、、種類・分類が整理できなくとも、見て・聴いて違いがあり、普遍性が確認出来ればOKAYですわw

違い云々について書くと
僅かな違いはシカトで逝きますw 耳がEEとか目がEEとか、人夫々ですし、フラシボ有る無しも影響するデショw  ココを突き出すとキリがないw 人の感性は超高性能ですからw
あからさまに違ってナンボ!
想でないと、ブログを書いてて普遍性が担保できない
ブッチャケ、、、興味が無い方が何気に聴いて・見てワガル違いを重視していますw


www.youtube.com


チェロで展開!


JODENフラワーはホチキス止めがカンタンですが、、、柔くてモロイので、アルミテープで補強して止めますw






分解能&抜けが凄いの南野!
コンテストに向け、鳴らし込み中・・・・ブッチャケ、、、成長著しく、メチャ良く鳴ってまして、2年前とは完全別モノ、、、低域も良く出るし、音楽の厚み・スケール感・音場感が見事w
パコパコで苦手だったPOP・ROCK系もソコソコ鳴って、外観から連想する音ではなく、アンバランス感がオモロイw 元は安モノ楽器ですが、馬鹿に出来ないw
クラシック系なら、小編成から大編成まで無双・無敵かもw      言い換えると、あと3か月で何処まで成長するんか? 超楽しみw




アルミ箔と銅箔の違いではなく、アルミ箔に銅箔をアドオンした噺ですw
先日書いたディスクトレーは、0スタートですから、銅箔・アルミ箔共にメチャ効きましたw
アルミ箔で飽和していた状態に、銅箔をプラスしているので、ドンだけ逝けるか(内心・・・もう無理蛇ネw)そんな噺w
あからさまでは有りませんが・・・ジワっと効いたw
お約束の音量ダウンw そして、分解能・抜けが凄いワ
静電気ノイズは典型的なフリクション(抵抗)です、音に例えると、抑え憑けた漢字、俗に云う「抜けが悪い」そんなイメージw
極端に帯電していると、抑え憑けを通り越し、付帯音バリバリ(キンキン・カンカン)でペラペラな音、アナウンスは活舌が悪く、ナニ逝ってんだかワガンネ!
JODENに依って、ドンドン改善されて逝きますが、付帯音0には中々鳴らんですw 「もう一寸ナンだけど・・・・」状態に鳴り易いw
ブッチャケ、、、諦めムードでしたが、アルミ箔登場で大きく前進、しかし、其れも飽和して手持ちのカードが有りませんでしたが、、、銅箔チャンが登場!

別の静電気ノイズに効いたか知りませんが、分解能&抜けがバツグン!

ちなみに、瞬殺系ではなく、10~20分位掛かったw 一聴で「もう無理デショw」モードでしたが、、、待てば確実(ジワっと)に効きますw
一言・・・鳥肌の起ち方が違うのよw
アタマで考え、理屈が如何の世界ではありませんw
静電気フィルターを実践されている方は是非ド~ゾ!



長野より・・・
トンデモバァーン!油汗吹き出しましたw

おそらく銅箔だと思います。
中華TV電源ラインのJODENフィルター、アルミホイルに銅テープ巻いときました。
映像が気持ち悪くて引くくらいに生々しくなっております。

他にはリチウムイオンキャパシタを直に機器の表面に貼り付けときましたw
タコの静電気をリードでチュウチュウ吸うなら機器ボディの静電気も吸っておくれ、ツウわけです。


内部、砂鉄&カーボンマイクロコイルビーズ→銅箔→アルミホイル→銅箔→アルミホイル→銅テープ→コアブリッドB
アルミホイル、銅箔の積層

と、リチウムイオンキャパシタと電気二重層コンデンサーの長野式
コレを機器に除電テープで貼ってますw


何の意味が?    大爆笑な光景w


補足・・・

分解能・抜けについて書きましたが、音数が増えて分解し切れず団子で鳴る漢字が分解能不足であり、抜けの悪い音の典型ですが、、、
分解し切れず、スピーカーが苦しそうに鳴るのも同じケースと家る、、、そんな時、スピーカーユニットが悪いなんて思ってしまう勝ちですが、原因は帯電ですw
静電気ノイズがフリクションと鳴り、スピーカー動作の邪魔をしている、帯電(静電気ノイズ)込みのパフォーマンスに鳴っている
帯電は広範囲に及ぶため、ココをJODENすればOKとは逝かず、地道な積み重ねJODENが必要w ブッチャケ、、、JODENすれば皆同じ音に鳴ると考えていますw
つまり、スピーカー固有の音色・音質は帯電レベルが関係しているって噺w


各種UP・DATE




アルミ箔・銅箔・銀イオンフィルターは3大アイテム