押忍! JODENフラワー

イヤイヤ、、、JODENフラワー 凄いわ


ついでだから・・・何気に足したら「バァ~~ン!」
深遠鳴るJODEN、一通りJODENスンと、ザックリ電圧が下がり、次に電圧戻りが始まり、平均化した電圧に落ち着くのがJODEN
其れで終わりかと家ば、ジワジワと電圧が上がろうとスル、、、ブッチャケ、、、絶対0Vには鳴らないワナ
しかしながら、、、JODENフラワーは其処から強引に電圧を下げようと働く(偉いワナ)、、、電圧高い処は山勘ですが、当たれば「バァ~~ン!」
前に書いた通り、デジアンはデジタルですから、静電気ノイズに弱く、少しの帯電で影響されてしまう

デジタル系はJODENフラワーで攻めてチョw

例えば、プロジェクター本体やTVの背面にベタベタ貼ったら、間違い無く大事件デショw
静電気ノイズ(帯電)は偉大な自然現象ですから、特別蛇無い、つまり、身の周り全てが帯電して、其れが自然ですわw
帯電したとして、大した問題蛇ない、とか、トンデモ御座いませんw 微弱帯電は大問題!   特にデジタル系は低電圧動作ですから、モロ影響を喰らう!
別の例を挙げると、レコード再生が分かり易い、レコード溝に反応して発電するのがカートリッジの役目ですが、電圧が低いデショw
だから、レコード盤の静電気(パチパチ)に影響され易い、大元・上流でノイズに影響されたら、下流での対策が効かない、、、全く同じ噺ですわw
デジタルは優れていますが、動作電圧が低いため、静電気ノイズに影響され易い
コレをキーワードにすれば、対策箇所・方法が見えて来る
そして、JODENはエンドレス、部分的に電圧を下げても、周りから影響され元に戻ろとスル、広範囲に電圧を下げ続けなアカンw
とは家、静電気ノイズが下がると、より自然で圧倒的パフォーマンスですから止められないw











えびパン支部長ご用達・・・
お馬鹿仕様、、、
142Vパワーモジュール&D・Cチェックバルブ



ラッシュカレント対策として2Ω入れてますw
デカ電解はINですが、ラッシュカレントが拙い・・・通電しっ放しならOKですが、、、想は逝かない、精神的&ハードストレスがデカ! 抵抗噛まして時定数を上げて対応w







JVC DLA-V80R 用

エプソンと違い、JVCはDC142V駆動可能、、、内部整流段C1を外部に展開したのが、142Vパワーモジュール&D・Cチェックバルブ
外部ですから、物量投入お(大)馬鹿仕様が可能w
デジタル・プロジェクターは盛大ノイズ発生器ですから、電源部の低インピーダンス化は至上命題、IPMと家ども、TOSとスクエアDBMは外せないw
言い換えると、ノイズをDONダケ出す気なの?  困ったチャンですわ