基地外セブンのJODENチューンUP!

とりあえず、音が出てからジックリのつもりでしたが・・・気分良杉で 我慢 できないw



DCケーブル
フォノイコは超微細信号を扱うので、蕎麦に電源トランスは絶対ダメ! ブッチャケ、、、電源トランス内蔵のフォノイコは使いモンに鳴らん、ケースに容れようが、シールドしようが
しかしながら、そんな製品は殆ど無いのが実情でして、だったら作るしかないデショw
外部バケモノ電源部とフォノイコ本体を繋ぐDCケーブル(350V・17V・GND)普通にJODENしてありますが、アルミ箔(ダイソーカップ)で追加工

SFチューブは外して


ダイソーアルミカップを巻き付け、アルミテープ(小片)で固定

SFチューブを被せて終了
見ての通り、他の自作ケーブルに転用・応用が可能w 好きな(お暇)な方はド~ゾw  メチャ効くと思いますw




外部電源
メイン・トランスは200-100のステップダウン・トランスを逆接でステップUPとして使用  実際は100-220Vですが、、、電圧が足りないw
AC220Vは整流噛ますとDC311V、ホントはDC350V欲しい、そこで、ステップUP・TOSで20%UPのAC264Vを整流噛まして、DC370V
ヒーターはミニTOS(350VA)を整流噛まして、DC142Vを15VSW電源に入れて、10%UPでDC17V
トランス合計で3700VA、、、大場かモンw  基地外仕様w こんなモンがフォノイコ回路の近く蛇堪らんので、ケーブルで遠くに離すための外部電源

何時もの通りw



フォノイコ本体

底面

内部?

球・球も・・・   コレはヤバいよw



棚板ガラス




インプレ!

アリエナイわ!
球の雑音が半分以下に鳴り、分解能・明瞭度・優しさ・色気が爆発!

デジタル系にアルミ箔は良く効きますが、アナログ系はその数倍効くワナ、、、ワケワカメ、理解不能な効きw
静電気ノイズがドンだけ悪いのよ?
特にフォノ系は超微小信号ですから、効き方が半端無いって!
球にアルミ箔は最強! 雑音激減!
真空管ガラス部分の帯電による、静電気ノイズが雑音の原因だと思われますw
フォノイコはゲインが高いので、球の雑音が出易い、、、雑音が有ってもオペアンプ(低電圧)のフォノイコとは次元の違う音(表現力)ですから捨てられないw
要は、雑音の少ない球を選ぶしかない、以前、マックトンの松本社長が「テレフンケン」の球が良かったと申しておりましたが、現在は入手不可能だとか・・・
球にアルミテープも効きますが、アルミ箔はホームランですわw


マランツ7フォノイコについて
元ネタは中華マランツ7基板完成キット  中華アリーで売ってますw
品質も良く安価、但し若干の回路知識が必要w ブッチャケ、、、60年前の回路ですから知識もヘッタクレも無いかw
整流管(ダイオード1発)に対応する電源回路が載っており、今回はそのパスコン電解コンデンサー)を巨大化して遊びましたw
巨大化したのはEEとして、時定数も巨大化し、電圧が安定するのに20分位掛かる、、、言い換えると、超低雑音回路に鳴ったw
時間短縮するためには、抵抗値を下げればOKですが、、、敢えて時間が掛かるのはIN蛇ネ、、、超低速(カタツムリ)だと思えばEE



初代は、ヒーター回路に誤って330V接続したら 爆発! 基板が吹っ飛んだw

www.youtube.com


改めて高圧電気エネルギーの凄さを実感w ブッチャケ、、、失敗して成長スルのが人ですから、失敗上等!  つまり、安心安全は成長しないのよw
失敗から学べるコトは多数あり、、、爺と家ども、死ぬまで成長してやる!  そんな気概(強い心意気)は絶対必要!
ブッチャケ、、、ブッチャケ、、、ブッチャケ、、、人は諦めたら終わり!
人生は挑戦デショw
挑戦は、ヤケッパチ・博打とは違う! 経験を基に探るのが挑戦w